残念な日本の英語教育

日本人は英語を中学生から10年間勉強しても、話せない。

あんなに必死に英語を勉強したのに、なんで話せないし仕事にも使えないんだ。

そして、今は小学生から英語教育が始まったが、おそらく今の子たちもこのままだと、英語で会話することはできないだろう。

日本の教育に対して、絶望と諦めしかなかった中、希望の光が現れた。

今回総裁選に出馬された河野太郎さんだ。

英語教育を抜本的に変えてくれる可能性がある唯一の方かもしれない。

政治家に任せるのではなく、国民ひとりひとりが力を合わせて変えていこうという意識が必要だ。

SNSが存在する今の世の中は、きっと世論が国を動かせられる。

私たちがこれからの日本を、これからの子どもたちの未来を任せられると思う人を選ぼう。そして意見を発信しよう。

学校もほぼ同じ年齢の人ばかりだ。学びたいと思った時に学べる制度を作ってほしいと思う。

就職活動も新卒採用で入社しないと入社しにくい。おかしい。

自分が何を学びたいのか。どんな環境で学びたいのか。

どんな仕事をしたいのか。どんな環境で働きたいのか。

子どもたちには自分の意思で考え、行動する力が必要だ。

勉強してもいいし、スポーツに打ち込んでもいいし、旅をしてもいいし、日本にいてもいいし、世界各国で経験を積んでもいい。

たくさんの経験と知恵を持った多様な人同士が助け合える社会となりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました