子どもが生まれたら犬を飼いなさい

私は2匹の犬(トイプードル)を飼っている。

きっかけは、私も夫も子ども時代、犬や猫に救われてきたという経験があり、

また、子どもと犬を一緒に育てたいと思ったから。

「子供が生まれたら犬を飼いなさい」というイギリスの有名なことわざがある。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう

そして子供が青年になった時、自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう

まさに、その言葉通りだと実感する。

学校から疲れて帰ってきた時、親から叱られて悲しくなった時、人間関係に疲れた時、仕事で疲れた時、

どんな時も変わらずいつもそばにいてくれる存在、温かい存在が、何も話さないでいるだけで子どもたちを含め家族全員を常に励ましてくれている。

もともと、人類はたくさんの生き物がいる自然の中で生きてきた。

人間としか接触しないのは、精神衛生上良くないかもしれない。

ドイツに行った時、驚いたのは、犬がレストランやデパートでも見かけたこと。

調べたら、ドイツは犬を飼う時、まずきちんとしつけをした後、電車にも乗っていいし、レストランもOK。頼んでなくても犬用のお水も出してくれる。デパートもOK。普通にエスカレーターに乗っていた。ホテルもOK。EUペットパスポートというものがあったり、犬と共に生きていくことへの理解が日本とは全然違う。

犬好きとしてはとても羨ましい。 

ヨーロッパでは、犬嫌いや犬アレルギーの人はどうしているんだろう。

日本だと、子育ても犬を飼育するのも、周りを気にすることが多くて、正直疲れる。

テレワークが進んで、地方活性化されてきたら、多くの人がもっと広いお家と広い庭でのんびり犬でも飼いながら子育てできる日が来るのだろうか。

周りを気にしなくてもいい日が来るのだろうか。

いつかそんな日が来て欲しいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました