分相応に生きるということ

私は、父から分相応生きるということを言われてきた。

両親が離婚する前、父はよく母にも分相応に生きるということを言っていた。

その時は、何が分相応だ、ととても反発した気持ちになった。

分相応という分は、身分?

人間に身分も何も無い。

みんな平等だ。と思っていた。

でも、歳を重ねて、親になって、よく分かるようになった。

分相応の分を身分という意味とは感じないけれど、

自分にどうしても合わない高貴な世界がある。

自分にどうしても合わない上品な世界がある。

自分にどうしても合わない下品な世界がある。

自分にどうしても合わない中身の無い世界がある。

39歳。

私に合う世界がようやく少しずつ見えてきた。

父が言っていた言葉も理解できるようになった。

分相応に生きること。

私は、それを自分らしく生きるということと捉えることにする。

子どもたち、どうか自分らしく生きてね。

といっても、まだ自分というものが分からない人もいると思う。

たくさんたくさん悩んだり、苦しんだり、失敗したり。

そうして、自分というものが見えてくるから。

焦らず慌てず、大丈夫。大丈夫。

人生に正解も間違いも無いから、自分を信じて前に進め!

私も前に進む!世界が子どもたちの笑顔で溢れるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました